【プロフィール】ベランダ本棚とは?


(2016/02/28更新)

はじめまして、ベランダ本棚です。

ライスワークはSE、ライフワークは本にまつわるワクワクするモノゴト。

本とまだ見ぬ景色を求め、北へ南へ東へ西へ。

◇ベランダ本棚のプロフィール

『ベランダ本棚』は「一箱古本市」出店時の屋号です。

そのまま、イコール店主、になってます。

「ベランダさん」、「ベランダちゃん」、「ベラちゃん」などと呼ばれています。

都内でSE(システムエンジニア)をしています。

仕事はデジタル系。

でも心は、本、古いもの、旅、自然が大好きなアナログ系。

音楽は心の栄養源。

いつでも私を支えてくれる大事なもの。

春から夏には、愛知、富山、群馬のゆるーいフェスに出没しています。

お外、自分ちのベランダが大好き。

晴れたお休みの日に、外で昼から飲むビールがとっても好き。

あとは、家のベランダでのんびりしつつ、空を眺める時間が幸せ。

いつでも、「どっかいきたい」と妄想しては、ふらふら旅をしています。

「楽しい」と「ワクワク」で日々を埋めつくせるように、

やりたいこと、ぜんぶやりたい。

◇一箱にならべる本

ベランダでのんびりめくってもらえるような、そんな本をそろえます。

そのときに私が好きな本をならべています。

本当におすすめしたい本、本当に好きな本、

もちろん、読んだ本だけならべます。

今のキーワードは、ごはん・旅・雑貨・暮らし・働くことなどなど。

それ以外に、絵本は特別。

その季節のおすすめ絵本を中心に、いつも数冊持っていきます。

一箱の中にも、なんとなく季節感をだしていけたらと思っています。

◇取材をうけました

一箱古本市発案者で編集者・ライターの南陀楼綾繁氏のポプラ社Webマガジンでの連載、

全国各地の本好き女子の悩みに本でこたえてみた

第一回目の本好き女子として登場してます。

***

一箱古本市には10ヶ月の間に7回出店しました。

今年の5月に谷根千「不忍ブックストリート一箱古本市」にて店主デビュー。

6月に西荻一箱、7月には石巻一箱に遠征しました。

気づいたら、月一出店、3ヶ月連続・・・・

9月は、雑司が谷「みちくさ市」に出店。

10月は、二度目の遠征!名古屋「ブクマ古本市」に出店しました。

そして2015年ラストは、12月の自由が丘「読書空間みかも 一箱古本市」に出店。

2016年スタートも、「読書空間みかも 一箱古本市」!

一箱の沼に片足つっこみかけてます。

一箱古本市とは? | 不忍ブックストリート

もともと本好きでしたが、一箱に出店するようになり、本との新たな付き合い方を知るようになりました。

本を買う量も読む量もぐんと増えました。

そして、行動範囲も広がりました。

見知らぬ方との本を介したコミュニケーション、

大好きな本たちの旅立ちを目の前で見届けられること、

店主さんたちとの交流、

そんなところが楽しくて楽しくて。

きっとこれからも、続けていくと思います。

どこかの街で、のんびりふらりと本をならべます。

どこかの街に、のんびりふらりと本を探しに、

おしゃべりにきていただけたら嬉しいです。

#一箱古本市 #プロフィール

Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Twitter - Grey Circle

© 2015-2021 verandahondana